生き方・考え方

【疲れた、、働きたくない】理由と対処法【10年働いた職場をやめた】

この記事を読んでわかる事

  • 疲れて働きたくない理由
  • 疲れてまで働く理由
  • 働かないで生きる方法
  • どうしても働かなければいけない時の対処法

こんにちは、やまだです。

 

すごく疲れ切って、働きたくなくなり、働かないという事が怖くて、なんだかんだ10年働き続けました。

 

1年前にその職場を辞めて、地位も失い、収入も1/4くらいになりましたが、心穏やかに楽しく生活しています。

 

「働かない」という選択をするのは、かなりハードルが高かったですが、それでも勇気を出して、仕事を辞めた当時の自分を褒めたいと思います。

 

現在は、週2回6時間勤務のパートをしながら、ブログやカラダやメンタルのコンディショニング施設を気ままに運営するという、ほぼ週休5日の生活を送っています。

 

今回の記事では、「疲れた、、、働きたくない」と思った時どうしたらいいのかについて解説していきます。

 

なぜ、疲れて働きたくないのか

 

ストレスがかかり、どんどん溜まっていくからです。

 

疲れて働きたくなくほどのストレスが溜まる理由は、

 

  • 肉体的理由
  • 精神的理由

 

の2つがあります。

 

肉体的理由

 

肉体的理由の中には、労働自体がハードでカラダへの負担が大きすぎたり、就業時間が長く疲労を回復させる時間が取れない、などが考えられます。

 

就業時間があまりにも長く、残業を強要される場合は、カラダを休める暇なんてないですよね。

 

こういった職場で長く働き続けることで、疲れて働きたくなくなってしまう可能性があります。

 

肉体的な疲労は、睡眠時間をしっかり取るなど休む時間をしっかり確保することや、栄養バランスのいい食事を摂ることで解消する事が可能です。

 

精神的理由

 

精神的な理由としては、気が合わなかったり仕事をしない職員などとの間で生じる「人間関係」の問題が大部分です。

 

また、毎日何も考えずにただただ同じ仕事を繰り返していたり、頑張っても評価されない職場だったりですると、「仕事のやりがい」を、感じられず働くのがイヤになる可能性があります。

 

でも、なんで「疲れた、、、働きたくない」と思ってまで、皆さん働くんですかね。

 

働かなければいけない理由があるからです。

 

働かないと生きていけない理由

 

辛い思いをして、働き続けている理由として、

 

  • お金がないと生きていけない
  • 働かないなんて甘えだ

 

という理由があげられます。

 

お金がないと生きていけない

 

生きていくうえで、お金は必須です。

 

  • 住むところの費用
  • 光熱費
  • 食費
  • 趣味にかかるお金
  • 教育にかかるお金

 

上記を充実させて、幸せに暮らすためにはそれなりのお金が必要。

 

その大切なお金を稼ぐために、心身ともに疲れ果てながら、やりたくもない仕事を、毎日続ける。

 

修行のようなものです。

 

お金がないと生きていけないという思い込み

 

お金がないと生きていけないと思っている時って、稼がないといけない金額を多く見積りすぎている気がします。

 

多くの人が思っている「最低限稼がなきゃ生きていけない金額」よりも、はるかに稼いでいない人も沢山います。

 

そして、その人たちが辛い思いをして生きているかというと、そんな事ないという事実です。

 

モノの見方や価値観を変えるだけで、必要なお金の量も、幸せの基準も変わります。

 

働かないなんて甘えだ

 

よくわからない幻想に縛られることで、働かないのは甘えと思うようになります。

 

僕自身もそうだったし、周りの人もそんな風なことをよく口走ってました。

 

ここに関して、1つ問題点があると思っています。

 

【働かないなんて甘えだという考えの問題点】

  • 働く = 正社員で週休2日、ある程度固定した給料をもらえる
  • 正社員以外許されない

 

多くの人が、働くことの定義が上記になっている気がします。

 

そして、上記のような働き方をしていないと、それを完全否定され見下されるみたいな感じです。

 

働かずに生きる方法

 

具体的に働かずに生きていくには、以下の方法があります。

 

  • 誰かに養ってもらう
  • 生活保護を受ける
  • 働かずに手に入れられる収入を作る

 

上記です。

 

まったく働かないで生きるには、いろいろ事前に計画して準備をする必要がありそうです。

 

そして、今この瞬間に「疲れた、働きたくない」と感じている人にとって、その準備をする力は残されていません。

 

なので、下記の方法を提案します。

 

いったん、働く事と距離をおく

 

エネルギーチャージ期間です。

 

最低でも1ヶ月くらい、まったく働かない期間を作りましょう。

 

僕の場合は、辞めて最初の半年は自分の事業を早く成功させようと結局働いて、色々空回りしてうまくいいきませんでした。

 

結局そこでも消耗して、2ヶ月位何もしない日々が続きました。

 

でも、何もしなくてもこうやって、人に助けられてなんだかんだ生きています。

 

そしていまではブログを書き始めたり、またパートとして週2回働きながら自分の事業を再度創り始めています。

 

結局エネルギーがない状態で、いろんなことに手を出しても無駄なのです。

 

なのでこの期間の間は、働くという行動はまったくしてはダメです。

 

とにかく、疲れを取る事に全力を向けます。

 

ただ、ぜひやってみて欲しいことが1つあります。

 

自分としっかり向き合う

 

上記をやってみてください。

 

具体的には、

 

  • 不快に思うこと
  • 楽しいと思うこと
  • 働く理由
  • 得意なこと
  • 苦手なこと

 

など、自分としっかり向き合い、自分の理想の生き方を見つけてください。

 

そうすることで、

 

  • 自分が幸せと思う生き方
  • そのために取れる手段

 

が自動的に見えてきます。

 

これこそが、本当にあなたが疲れずに働くことの出来る理想の生き方です。

 

僕は何もしていない2ヶ月間で、自分の理想の働き方・生き方を見つけたので、今は全くストレスなく仕事ができています。

 

むしろ、毎日ワクワクしながら仕事をしています。

 

働きたくないときは、自分の幸せの基準が明確ではなくなっています。

 

その状態で再度走り出しても、同じことの繰り返しで、疲れて働きたくなくなってしまうことは目に見えています。

 

まずは、自己分析からはじめてみましょう。

 

やっぱり働かないと生きられない場合

 

それでも、どうしても働かなきゃいけない、という答えが出た場合は、最低限の働き方を目指すのがおすすめです。

 

最低限の働き方とは、固定費を下げて必要になるお金の量を減らし、その分の暮らしがまかなえるだけの必要最低限の仕事をする事です。

 

そして、心に余裕ができたら、自分で稼ぐというところにチャレンジしてみるのもいいと思います。

 

自分でお金を稼げるようになると、人生で縛られるものが減って、かなり生きやすくなります。

 

最初のうちは、こういった「ブログ」なんかもおすすめです。

 

初期費用も月2000円もかからないですし、自分のペースで自由に仕事をすることができます。

 

もちろん、スマートフォン一台だけあれば、問題なく仕事ができるので、どんな場所でも気楽にやることができます。

 

【初心者向け】ブログの始め方|テーマの決め方からブログ開設まで

 

疲れてまで働かなくても生きていける

 

自分の考え方や価値観を変えれば、疲れてまで働く必要がないことに気づけます。

 

働くことで叶えられる夢もありますけど、逆に働くことで失うものもたくさんあると思います。

 

働く理由はなんなのか

 

これをはっきりさせて、生きるためであるのであれば、もっと違った働き方は必ずあると思います。

 

そして勇気を出して、新しい生き方を見つけた方が、人生は確実に楽しくなると思います。

 

とにかく、自分を大切にする事を1番に考えて、いろんなモノの必要性を検討してみてください。

-生き方・考え方

Copyright© kimamalog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.