BLOG

【上位表示の目安】ブログ記事の最適な文字数を解説【失敗しない】

ブログ 文字数 目安

ブログ記事を書く時、だいたいどれくらいの文字数を書けばいいんだろう。上位表示するための目安を知りたい。

 

上記の悩みに答えます。

 

結論からいうと、上位表示に最適な文字数はありません。

 

上位表示 = 読者の悩みを120%解決している記事

 

だからで、読者の悩みによって最適な文字数は変わってきます。

 

この記事でわかること

  • 文字数に正解はない【文字数とGoogleの評価の関係】
  • 上位表示される記事の書き方

 

とはいえ、上位表示されている記事の文字数が多いのも事実なので、文字数とGoogleの評価について解説しつつ、上位表示するための記事の書き方について書いていきます。

 

文字数に正解はない【文字数とGoogleの評価の関係】

残念ですが、最適な文字数は読者の悩みによって違います。

 

正解はありません。

 

文字数が多いからと言って上位表示できるわけではない

闇雲に文字数が多ければ上位表示されるわけではないです。

 

内容のない長い文章って正直「読む気失せる」ってなるはず。

 

例えば、肉じゃがの作り方を検索していた時に

 

  • Aという記事:材料の仕入れ方について事細かに書いてあるが、肝心の調理方法についてはサラッと書いてある8,000文字くらいの記事。
  • Bという記事:スーパーで売っている食材でも、下処理を工夫することで短時間で美味しく肉じゃがを作る方法が書いてある3,000文字くらいの記事。

 

という、2つの記事があったら、Bの記事のほうが「この記事役に立つな」と思う人が多くいるはずです。

 

そして、読者に「役に立つ」と思われた記事は文字数が多くなくても上位表示することが可能になります。

 

上位表示されている記事は「読者の悩み」を解決している記事

Aの記事とBの記事の違いは何かというと、「読者の悩み」を解決している記事かどうかです。

 

読者の悩みを解決できる記事を上位表示しないと「Google使いづらい」となってしまい、Googleを使うユーザーが減ってしまうからです。

 

あなたもGoogleを使う時は「この疑問を解決したい」と思って、Googleで検索すると思います。

 

その時に、「この記事は文字数が多いから有益だな」とは思わず、文字数が少なくても「この記事分かりやすい」という記事を選ぶはずです。

 

上位表示される記事は文字数に関わらず「読者の悩み」を解決している記事かどうかです。

 

文字数が多いとどんな効果があるのか

ちなみに、文字数が多いとどんな効果が起こるか考えてみましょう。

 

  • 滞在時間が増える
  • 自分のページだけで読者が満足する

 

上記が考えられます。

 

質が高く文字数が多い記事は、読者が最後まで読んでくれる可能性が高いのでページの滞在時間が長くなるはずです。

 

また、必要な情報が十分に記載されているはずなので、自分の記事だけで読者は満足し再検索もしない可能性が高いです。

 

つまり、文字数が多い記事は上記の2つを満たすような記事になりやすいと考えられます。

 

【文字数は気にしなくてOK】上位表示される記事の書き方

下記を意識して記事を書きましょう。

 

文字数は気にしなくてOKですが、それなりの文字数の記事が出来上がるはずです。

 

読者の悩みを詳細にイメージしている

読者がどんな事で悩んでるか詳しくイメージしましょう。

 

詳しくイメージすることで、読者にささる記事を書くことができます。

 

  • 現在の読者のおかれている状況
  • いちばん困っている悩み
  • なぜ、その悩みを持っているか
  • 解決してどんな状態になりたいか

 

上記などをイメージしていきます。

 

イメージする時の注意点として、自分の想像ではなく「事実にもとづいたイメージ」が重要です。

 

事実にもとづいたイメージをする方法

  • 競合をリサーチする
  • 知恵袋などを使う
  • 実際に悩んでる人に聞いてみる

 

自分の想像だけに頼ると、そのイメージが読者像とミスマッチする可能性があります。

 

色んな方法を使って、読者の悩みを詳しくイメージしましょう。

 

1記事1キーワード

1つの記事に対して、1つのキーワードについて書きます。

 

1つの記事で複数のキーワードを書いてしまうと、ムダに長い記事になり「結局、何がいいたいの?」となりやすいからです。

 

具体例)肉じゃが 時短レシピ

材料:肉じゃがセット(すでに加工済みのやつ)、豚肉

作り方:

  1. 豚肉を油で炒める
  2. 炒めた豚肉を電気圧力鍋に移し、水と肉じゃがセットを入れる
  3. 調味料を入れ、電気圧力鍋のスイッチON
  4. あとは待つだけ

 

下処理の仕方なども入れたくなりますが、上記のキーワードであれば下処理済みの肉じゃがセットを使用するほうが時短できます。

 

こんな感じで、キーワードに対する読者の欲しい情報だけ入れればOK。

 

キーワードが2語、3語と増えるにしたがって読者の悩みもより明確になります。

 

読者が欲しい情報を、スムーズに届けるためにも1記事1キーワードが重要です。

 

わかりやすい言葉で書く

小学生でもわかるくらいの言葉を使って書きます。

 

難しい言葉や理解できない文章が出てくると「読むのめんどくさ」となるから。

 

具体例)肩こりに関しての説明

前方頭位の場合、頸部から肩上部に書けての筋肉が緊張しやすい状態になるので肩こりが起こりやすくなります。

 

だと、何をいっているかわからなくて続きを読むのが面倒になります。

 

改善例)肩こりに関しての説明

頭が身体よりも前にある姿勢だと、首から肩にかけての筋肉に常に負担がかかっている状態なので肩こりが起こりやすくなります。

 

自分にはあたりまえの言葉でも、読者にはあたりまえでないかもしれません。

 

難しい言葉を使わないと、説明がややこしくなる場合はあらかじめ、その言葉の説明を記載すると親切です。

 

難しい言葉は使わずすんなりと入ってくる文章を心がけましょう。

 

自分の経験を混ぜる

自分の経験や意見を記事に混ぜるのも重要。

 

自分がネットで調べて得られた情報は、読者も入手することが可能です。

 

価値のある情報とは、ネットでは見つけられない体験談や意見だったりします。

 

具体例)ブログの始め方

  • Aの記事:ブログの始め方は、① レンタルサーバーと契約 ② ドメイン取得 ③WordPressダウンロード、すごく簡単にできます。
  • Bの記事:ブログの始め方は、① レンタルサーバーと契約 ② ドメイン取得 ③WordPressダウンロード、すごく簡単にできます。レンタルサーバの管理画面に入る時、最初に決めたIDとパスワードが必要になるのでメモっておくと便利です。

 

自分の経験が書いてあるBの記事の方が、読者には親切です。

 

困った点や成功した時のポイントなど、自分の経験や意見を記事に混ぜると質の高いいい記事ができあがります。

 

徹底的に調べる

扱うジャンルを徹底的にしらべて、専門家になる必要があります。

 

そもそも知識量が少なければ、読者の悩みを解決することができません。

 

例えば、ダイエットの方法を教わる時に、趣味レベルでダイエットの勉強をしている人よりも、トレーナーとしてダイエットを指導している専門家に教わりたいと思うはずです。

 

それは、知識と技術がある専門家であれば、いろんな悩みのクライアントがいても、膨大な知識と経験で一人ひとりに合わせた悩みの解決法を提案できるから。

 

ブログもおんなじで、徹底的に調べた専門家レベルの記事のほうが、いろんな悩みに対応でき、読者の満足度が上がります。

 

読者の満足度が上がれば、必然的にGoogleの評価も上がり上位表示することが可能です。

 

文字数を考えるよりも読者の悩みを考えるべき

適切な文字数は存在しません。

 

ブログの唯一の正解は、「読者の悩みを120%解決する」ことだけです。

 

そのためには、

 

  • 読者の悩みを詳細にイメージする
  • 1記事1キーワード
  • わかりやすい言葉で書く
  • 自分の経験を混ぜる
  • 徹底的に調べる

 

上記が重要です。

 

この5つを意識して記事を書けば、それなりの量の記事が勝手に出来上がっているはず。

 

読者ファーストで考えましょう。

-BLOG

Copyright© Kimamalog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.